社員紹介

販売:齋賀 望美

社員の可能性を認め、伸ばしてくれる環境がある

販売担当としてキャリアを積み、現在は新高速道路のサービスエリア、ネオパーサ駿河湾沼津下りロコマルシェにて副支配人を務めています。店頭に立っての接客はもちろんのこと、パートナーさんの指導・育成や、TTCのブランドである「たまごや」の管掌も業務の一部です。
今でこそ、この仕事が天職だと思っていますが、学生のころは全く別の業界を志望していました。そんな私がTTCと出会ったのは、大学主催の企業セミナー。その後、会社説明会で社長の話を聞き、その価値観に胸が熱くなりました。言葉が不思議にスッと入ってきて、もっと色々なことに挑戦できるのかもしれない、そんな力が自分の中に眠っているのかもしれない、と素直に思うことが出来たのです。すぐに選考に進み、入社を決意しました。

現場が好きだから、新たなアイデアが生まれる

私のいる店舗は日本で初めてサービスエリアでのマグロ解体ショーを行うなど、社内でも地域でも期待が大きいスポットです。私の年代でこのような職責を負わせてもらうというのは本当にありがたいことです。
商品棚のレイアウト、パートさん、アルバイトさんの指導、「たまごや」のマネジメント…私が担当する職務は多岐にわたります。デスクワーク(管理)も多いですが、やればやるほど、「現場」の大切さに気付かされますね。例えば、商品棚の配置変更などは、現場に居続けないと指揮できない。並びを逆にしたり、横に持って来たり。お客様が選ぶ姿を間近に見ると新しいレイアウトのインスピレーションが湧きます。正解は無いのですが、より良いものを追求していく事が仕事ですね。

私の仕事を通して、
お客様に笑顔になって頂きたい

「食」に興味があって・・・とにかくお客様に笑顔になって頂きたいんです。そのための新規事業を考えています。例えば、まだ全くの夢なのですが、自社の鶏舎で育てた鶏が産んだ卵や卵を使った商品、料理を提供させて頂く。そうすればどのように育てた鶏が産んだ卵なのか、より詳しくご紹介できます。さらには、お客様ご自身が作った新鮮野菜で出来た料理が食べられるカフェ。ブライダルもやってみたい。
「地域」と「笑顔」というキーワードさえ外さなければ、いつかは実現できると思っています。TTCは自分が思っていて、努力し続ければいつかは叶う会社なんです。

(株)村の駅 ネオパーサ駿河湾沼津下り ロコマルシェ 副支配人 齋賀 望美

2004年3月21日入社 箱根小涌園ミーオモール売店 販売担当を経て、(株)村の駅 ネオパーサ駿河沼津下りロコマルシェにて社員はじめパートナーさんの指導・育成にあたり、2013年中日本エクシス株式会社様主催の第5回SA・PA接客コンテストにおいて本選出場を果たした。

ページトップ
TTC 本エントリーはこちらから