販 売
自社農園で収穫したトウモロコシを
地元の名物にしたい

Fumiya Toyoshima 豊島 史也

(株)ツイてるファーム
2018年入社
プロフィール

入社当時から農業に携わりたいという思いを持ち、現在の(株)ツイてるファーム(自社農園)に配属。入社1年目ながら、真摯に野菜や果物と向き合う姿は職人さながら。とにかく真面目な人柄が周りからの信頼にもつながっている。

現在の仕事内容を教えてください。

自社農園でつくった野菜を自分の手でお客様に届ける仕事をしています。(株)ツイてるファームでは土づくりから収穫までの畑仕事と、村の駅事業の店舗である伊豆・村の駅での野菜や果物の販売をしています。農業は未経験なので、先輩方や生産者さんから野菜のつくり方を学びながら働いています。現在は5店舗に野菜を卸しており、今後は徐々に増やしていきたいです。

仕事から学んだことは何ですか?

一人ひとりのお客様に丁寧に接することでファンとなってもらうことが大切だと気づきました。夏にトウモロコシの収穫体験を実施しましたが、募集人数に達するほどお客様を集めることができませんでした。しかし、来ていただいたお客様に精一杯の接客をしたところ、徐々にツイてるファームの野菜を目当てに来店してくださる方々が増え、お客様にまごころを込めて接することの大切さを実感しました。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

採れたての新鮮な地元野菜をお客様に提供している時です。お買い場(売り場)ではお客様から質問されたりお話することも多く、先日、採れたてのミニトマトを販売したところ、「トマトが嫌いな子供もこれなら食べてくれる」というお言葉をいただきました。採れたてをすぐお届けできる環境だからこそお客様に喜んでいただけるのだと思います。本当に嬉しいですね。

これからの目標を教えてください。

トウモロコシを三島市の特産品にしようと考えています。さらにそのトウモロコシを使った新商品を企画して、ヒットさせることが目標です。将来は耕地面積を増やし、トウモロコシやブロッコリー、トマトに加え、白菜やカリフラワー、さらに葉物野菜にも挑戦していきたいです。よく売れる野菜、人気の野菜を把握する以外にも、お買い場でお客様との会話から、アイデアやヒントを探しています。