株式会社TTC

Voice02.
"地域の魅力を発信して行けるように地元に関わる"

坂本 将来Sakamoto Masaki

株式会社葵乃庄 営業部 主任

坂本 将来

観光商社営業観光商社営業

観光地における集客を実現する総合プロデューサー
地域の宿泊施設、観光施設、飲食店等への集客に繋げるための施策を実践する、いわば「観光施設のプロデューサー」である。地域の特性や施設の強み、弱みを踏まえ、多角的な視点で集客を企画する。自施設への集客に繋げるため、他施設との折衝も必要となる場合もあり、俯瞰的な視野が求められる仕事である。
Q この会社に入社したきっかけを教えてください。
地域活性化に関わる仕事、雰囲気の良い職場、自己成長できる社風、の3点を軸に就職活動をしていました。その就職活動の最中、縁がありTTCの会社説明会に参加した時、熱い社長のお言葉、先輩社員のお話を聞き衝撃を受けました。他の会社には無いような社風、魅力を感じました。この会社なら、やりたいことにチャレンジが出来る、自己成長できると感じ、この会社に入社することを決めました。
Q 現在の担当業務を教えてください。
栃木県の那須高原にある高速道路のサービスエリア様の営業担当をしています。得意先様であるサービスエリア様に対して、新商品の提案や、オリジナル商品の企画をしています。商品の企画提案に加え、売り場全体の、トータル的な提案も行っています。
また、栃木県内だけでなく、都心部の百貨店様にも営業を行っています。都内でも栃木の商品を営業し、販売させて頂いております。
Q 入社後のイメージ(TTCの魅力)をお願いします。
TTCの魅力は、誰でもチャレンジできること、周りに支えてくれる素晴らしい社員がいることです。そして、それを生んでいるTTCの社風です。
社歴を問わず、強い想いがあれば誰でもチャレンジが出来ます。実際に多くの新入社員が、一年目から商品企画をしています。責任者として活躍している社員もいます。入社したその時から、一社会人として、ビジネスパーソンとして、活躍できることは、本当に素晴らしい魅力です。
Q 現在の目標を教えてください。
台湾に事業所を作り、そこで六次産業をビジネスモデルを構築することです。生産から加工、販売まで一貫して携わることのできるモデルを目指しています。
隣国である台湾には魅力的な資源が数多くあります。日本にもまだまだ多くの魅力が隠されています。そして、現在日台間では多くの観光客が往来しており、文化的、経済的な交流も盛んです。私は仕事を通じて日本と台湾の魅力を発掘し、日本と台湾の懸け橋になりたいと思っています。

社員の声トップへ戻る